医療・看護・介護系施設の経営サポート

がん患者さんの就労支援研修

Support for well return to working place with cancer patients

二人に一人は癌になる時代、高齢者だけでなく働き盛りのがん患者さんも沢山いる。社労士協会では、がん患者さんがスムーズに職場に復帰する為の支援を行っている。現在は、癌拠点病院が中心だが、実際には支援の必要な患者さんは急性期病院には沢山いる状況であり、適切な支援ができる社労士を増やすために研修を行っている。多摩の拠点病院で社労士支援の報告会に参加した際に、医師と企業の間で患者さんが置き去りになっている実態に愕然とし、お手伝いできればと思い今回の研修会に参加した。日本のがん治療は、腫瘍専門医が少なく、外科医が専門臓器別にがん治療に当たっている実情もあり、手術を終わった後の患者フォローが貧弱なのが実情だ。がん対策基本法も患者団体や自ら肝臓がんで亡くなられた旧民主党の山本議員の地道な努力で成立した。誰もががんになる時代、だれでができる事で支援に参加する事が必要だ。

夏も終焉
2018/9/7
メディナケア社会保険労務士事務所
東京都立川市緑町7-2-1411
042-523-2564